MIS Official Web Site

CCIセキュアアクセス

  • HOME »
  • CCIセキュアアクセス

クライアント証明書とは

クライアント証明書とは電子証明書の一種で、そのPCやデバイスが本人のものであるということを証明するものです。
電子的な身分証明書や印鑑の役割を持ち、これで電子署名や暗号化を行うことにより安全に文書をやり取りすることが出来ます。

電子署名とは

smime_signature

JIPDEC(一般社団法人日本情報経済推進協会)WebSiteより引用)

クライアント証明書を使うことによって、電子署名を行うことが出来ます。
メールを始めとした文書に電子的なサインを付加し、その内容を保証するもので、以下の役割があります。

なりすまし防止

電子署名は偽造がほぼ不可能です。
この為、電子署名がついているメールは本人が送ったことが保証され、なりすますことが出来ません。
郵便で例えるとサインや印鑑に相当し、なりすましを防ぎます。
※:Webメールや携帯電話メールなど、S/MIME(Secure / Multipurpose Internet Mail Extensions:電子メールに公開鍵暗号方式に基づいた電子署名や暗号化をする国際規格)非対応のメールソフトでは電子署名の検証を行うことが出来ません。

改ざん検知

その文書が他者に変更された場合、それを検知することが出来ます。
郵便で例えると現金書留の割り印などが相当し、それと知られずに改ざんすることを防ぎます。

クライアント証明書を使った暗号化

smime_encryption

JIPDEC(一般社団法人日本情報経済推進協会)WebSiteより引用)

クライアント証明書で暗号化を行うことも可能です。
暗号化した文書は特定のクライアント証明書を持つ人しか開くことが出来ません。
この為、盗聴や誤配による情報流出などを防ぐことが出来ます。

盗聴防止

通常のメールは平文で送られ、盗聴が容易です。
暗号化したメールであれば盗聴されたとしても、盗聴者にその内容が読み取られることはありません。
メールだけでなく文書ファイルも暗号化が可能です。(別途ソフトウェアが必要となる場合があります。)

その他、クライアント証明書の活用法

  • IDやパスワードの代わりにクライアント証明書で認証を行うシステムを構築することが可能です。
    パスワード管理の手間の軽減や外出先での内部情報への安全なアクセスに有効です。
  • デバイスの盗難、紛失時には証明書を失効させることが出来ます。
    これにより情報の流失を低減することが出来ます。

電子証明書について、より詳しく

電子証明書について、より詳しい情報をお求めの場合、下記WebSiteもご参照ください。

CCIセキュアアクセス

「CCI セキュア アクセス」は、松本商工会議所がクライアント証明書を発行するサービスです。
電子メールの署名や暗号化はもとより、タブレットを使った外からのクラウドサービスへのアクセスする際、CCI セキュア アクセスを利用して、大切なデータをお守り頂けます。

詳しくは下記のPDFをご覧ください

CCIセキュアアクセスチラシ

〒390-8503 松本市中央1-23-1 TEL 0263-37-0005 営業時間 8:30~17:15 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 松本商工会議所 情報事業部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.